Close

2017年12月3日

ルーツの旅 vol.1 小巻恵子先生

 

ルーツの旅 vol.1 小巻恵子先生

<自由が丘東小学校・音楽の先生>

1995-1999

みき三十路式では来年3月17日の当日に、私たち同級生がお世話になった全ての先生方(幼稚園〜高等学校)をご招待したく思っております。

実現に向け、私たちは現在、少しずつ当時の先生方とコンタクトを取り始めています。

今回、私たちのルーツをたどる「ルーツ旅」でご紹介するのは、自由が丘東小学校で音楽の授業をされていた小巻恵子先生です。

私たちが小学1年から小学校5年の途中まで、音楽の授業や土曜の朝に行われていた「おはよう歌声」で音楽を教えていただいていました。

 

自由が丘東小学校出身の山田勇人、狩野留美、大片沙織、見守り人に松村貴俊の4人で先生のご自宅を訪問し、ルーツの旅のルポ制作にご協力をいただけました。

 

パワフルなピアノ演奏が印象的でした。

ぼくが音楽を好きになった、そのベースは小巻先生の音楽の授業です。

授業で取り上げてくれた楽曲は実に多様で、世界中の民謡、林光のオペラから抜粋した歌曲、「鱒」「美しき青きドナウ」などのクラシック曲に、わかりやすい訳詞をつけたものなど。どの曲も大好きで、歌うことが大好きになりました。

当時の授業のファイルは今も保存しています。

先生は数年前に脳出血を患い、左手が思うように動かなくなってしまいましたが、ぼくたちが訪問すると、部屋にあるピアノで演奏してくださいました。右手のみで、当時と変わらないパワフルな演奏です。持参したファイルを譜面台に起き、音符の書かれていない、詩だけが書かれたものでも演奏してくれます。”手が覚えてる”という言葉が出ました。

約19年ぶりに友人たちと一緒に歌いました。もうやってこない時間だと思っていので、とっても嬉しかったです。

お身体が大事ですので、ご無理は言えないのですが、当日も是非来てくださいねとお声がけしました。貴重で素敵な時間になりました。

小巻先生、ありがとうございます。

山田勇人

音楽を好きなり、ピアノを弾けるようになりたい!という気持ちにさせてくれたのが小巻先生でした。先生のピアノは自然とうたいたくなる、ワクワクしてくる魔法のような伴奏でした。たくさんの生徒を受け持って来られたにも関わらず、私たちのことを覚えてくださっていて、また当時のようにピアノを弾いてくださり、わたしたちに歌う機会をくださいました。ほんとに懐かしくて、楽しい時間でした。

当時、先生がどんな気持ちでわたしたちに音楽を教えてくださっていたのか、わたしたちに込めた思いや、実は  ピアノをもの凄く練習していたことなど、いろんなお話を聞くことができました。

先生と再会して、当時の自分を思い返すこともできました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

狩野留美

 

当日は、小巻先生の音楽に親しんだ自由が丘東小学校出身のみなさんに懐かしいと思ってもらえるような企画も準備しています。3月17日は是非ともお越しくださいね。

 

みき三十路式では恩師の方へのメッセージを現在も受付中です。

参加できる方もできない方も是非ともお願いします。

https://goo.gl/NHfqd9

 

当時、この学年を持っていたよ!という先生方は是非とも三十路式トップページ下部にあるメールフォームからメッセージをください。

三十路式ではお世話になったすべての先生方をご招待したく思っております。

当日参加できる方、当日来られない方も是非、みき三十路式まで言葉や思いを送ってください。お待ちしています。

http://miki-misoji.com/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。