Close

2018年3月17日

みき三十路式からみなさんへ

とうとう明日!
みき三十路式が開催となります。
2017年4月に正式に発足し、当初は実行委員16人だけでしたが、今ではたくさんの仲間に囲まれています。

実行委員長として何をすべきか、委員は委員で何をすべきか。そもそも三十路式を開く意義は何なのか。悩み続け、寝る間を惜しんでミーティング、時には委員同士、スタッフ同士でのぶつかり合いもありました。

この1年間の企画推敲は正直なところ楽しいものばかりでなく辛かったこともありました。

ただ皆、向かうべきところ、目指すべきところは同じで。三十路式をより良いものにしたい。
この気持ちがそれぞれにあったからこそ、明日を迎えれるんだと思います。

ありがとう。

これまでの30年間の集大成を3月17日に。
ひとりではできなかったこと、ひとりが望んでいること、誰かがいたからここまでこれたこと、この街で出逢い、この街があったから成せたこと。

明日はそんな思いを胸に家族、恩師、来場者の方々、また開催の為に出資してくれた30歳の仲間に感謝を伝えたく思います。

みき三十路式実行委員
委員長:松村貴俊

 

人生で一番有意義に過ごせた1年。
人生で一番人と人との絆を感じた1年。
人生で一番家族に助けてもらった1年。
人生で一番泣いた1年。
人生で一番笑った1年。
人生で一番人の大切さに気付かされた1年。
人生で一番楽しかった1年。
人生で一番濃い1年。

実行委員会に入ってよかった。
来年も再来年もずっとずっとみき三十路式が続くといいな。

全力で作り上げたみき三十路式。
ぜひぜひきてくださーい。
皆に会えるの楽しみにしてます

みき三十路式実行委員
副委員長:黒田園子

 

十人十色、みんな違ってみんないい(星)だけど、その中で1つのものを作り上げることの大変さを改めて実感しました。
笑って泣いてぶつかり合って、、たった1年の間でこんなに人のこと、自分自身のことを考えたのは初めてでした。みんなに出会えたことに感謝です。ありがとうー!

みんなあそびに来てね!
みき三十路式実行委員
藤田留美

 

長いようで、短い1年でした。
当日は来てくださった方はもちろん、実行委員、関係者、みんなが笑顔溢れる一日にしたいと思います。

よろしくお願いします(^^)

みき三十路式実行委員
畑中拓也

 

三十路式への今の想い

30歳になって家庭を持つようになり、普段は仕事、家事、子育てに追われる日々でいつの間にか会社員、嫁、ママとしての位置付けになっていた。自分の時間なんてほんの少ししかなかった。そんな時、三十路式の話を聞いてすごくやりがいを感じて実行委員となり頑張ってきました。今までにない経験ができて、新しい人との繋がりもできて、とても素敵な貴重な濃い時間を過ごす事ができました。実行委員のみんな、今までありがとう。

明日は30歳の人もそうでない人も、みんなの来場をお待ちしてます。

「み」そじのみんなから感謝を込めて
「き」ょう(3/17)は私達30歳が楽しいフェスへ招待します
「み」んなでつくりあげたみき三十路式
「そ」れぞれのやってみたい事を実現します
「じ」ゅういっこ(11個)の企画で育ててくれた町、人へ恩返し
「し」ゃべって、食べて、見て、聴いて、楽しんでください
「き」らめく希望は叶える事ができるんだよ

みき三十路式実行委員会
松尾沙織

 

みき三十路式への思い
色んな思いや考え方が有ったと思います。
みき三十路式の1日を三木史に刻めるような日にしましょう!
でお願いします。

みき三十路式実行委員会
五百蔵翔

意気込み!

三十路式ダンス企画を成功させる為に、全力で取り組んできました!
参加メンバーは5才から30才、ママさんまで幅広く、60名を越えるダンサーが集まります!できるだけたくさんの方に見てもらいたいと思っています。
オープニング、ダンスショーケース、お楽しみください!
そして、私も再会を楽しみます(^^)

みき三十路式実行委員
清水有希

 

30歳を迎える三木市出身の同級生が集まる『三十路式』を開催して頂いたスタッフ一同
ならびに開催に携わった全ての方に感謝しております。
本当にありがとうございます。
30歳を迎えて募る話も沢山あると思います。
来られた方で寺本知ってるよって方は気軽に話ししてくれたら幸いです。
是非、人生に一度しかない『三十路式』を楽しんでください。

みき三十路式実行委員
寺本晃

 

三十路式の実行委員を引き受けて。
振り返れば紆余曲折あったけど、ここまで頑張ってきたことは確かで、委員間の絆が強まったことも確信してる。委員を引き受けたからこそ出会えた皆であって、そうじゃなければ出会うこともなかったやろうし、こんなに色々考える日々でもなかったと思う。濃い1年やった。懐かしい恩師達とも連絡を取ることができて、直接会うこともできて、本当に委員ならではのいい経験をさせてもらってると思っています。恩師の反応やそれに対する吉川LINEの反応に、愛に溢れた空気感をひしひしと感じてます。まだイベントは始まってないけど既に愛に溢れたイベントであることは間違いないと思います。
不安な面もあるけれど当日後悔しない為にベストを尽くすだけ!あともう少し、頑張りましょう!よろしくお願いします!

みき三十路式実行委員
藪西絵里

 

大勢でひとつのものを作る。
これは簡単なことではありません。
関わる人々の理解を得て、仲間を増やしていきます。それでやっと物事は動き始めますが、関わる人が増えることで、人それぞれのやりたいことがあっちこっちの方向を向いて諸問題が起こり始めます。

それはとてもいいことなのですが、大所帯になればなるほど、舵をとる人が、みんながおかれた環境の“大きな流れ”を見なければ、転覆してしまいます。
仲間ひとりひとりが何を欲しているかを読みとって前へ進めるのは容易なことではありません。ましてや、同じ年齢の友人達ということであればなおさら。

みき三十路式は10月に当初プランの遂行が難しくなり、そのあと各方面の反発もある中、大きく企画を変えました。
力を合わして、自分達ならではの、自分たちにしかできないことをしようと、ひとつずつ実現に動きます。

一つ一つはちょっとずつ頑張ればできることかもしれませんが、今、それらが並んだ景色を見ると壮大な夢のようです。

辛いこと、うまくいかなかったこともありますが、いよいよこの日で全て終わると思うとさみしさもあります。

当日はみんなが忙しく動き回ります。たとえどんな結果が出ても、思いっきり楽しく過ごせるように思います。

晴れて3月17日を迎えることができるということ。
実行委員、企画スタッフ、参加者のみんな、ご協力いただいた関係者のみなさまに感謝します。 ありがとうございます!

みき三十路式実行委員
山田勇人

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。